トップページ > デザイン制作について

デザイン制作について

データ(デザイン)を作る時間がない、作りたいけどソフトの使い方がわからない・・・
そういったお客様にはデザインの制作も承っております。
(料金は別途料金となります。各印刷会社によって料金設定は違います。)

デザイン・データ制作の流れ (1例)

1.お客様の希望とされるデザイン、イメージ(ラフ)をご連絡ください

お客様の希望とされるデザイン、イメージ(ラフ)をFAXしていただくか、 その内容をメールにてご指示ください。

2.各印刷会社からお見積りをお送りいたします

各印刷会社からお見積もりをお送りいたしますので、ご確認の上各印刷会社へ発注のご連絡をいただけますようお願いいたします。

3.必要書類の送付

ご発注の連絡後、各印刷会社担当宛に下記必要書類を宅配便またはメールなどでお送りください。

  1. ラフ原稿 (キャッチコピー、説明文、写真位置、イメージカラーなど)
  2. 使用される画像データ
  3. イメージされるチラシ、雑誌など
4.担当印刷会社より打合せについてのご連絡

原稿素材等到着後、各印刷会社担当からご連絡し内容等打ち合わせさせていただきます。

5.ラフをもとにデザインの制作

お客様のラフ原稿をもとに、デザインを完成させます。
完成後、PDF等にてメール送信されてきます。(希望によりカラーコピーをお送りする場合もあります。)
※チラシイメージが固まっていない場合、校正の回数が多くなりチラシ完成までに時間がかかる場合がございます。

6.印刷開始

お客様よりデザインOKの了解をいただきましたら、印刷を開始いたします。

デザイン原稿作成時の注意事項

使用される写真・画像データについて
  1. 画像の解像度が72dpiや他の解像度(デジタルカメラ等)の画像は300〜350dpiの高解像度にした画像を用意してください。
    これよりも小さな解像度でも対応できますが、画像が粗くなる場合があります。
    印刷物での使用をお考えの場合は、デジタルカメラのモードでもっとも高画質の設定で撮影してください。
  2. デジタルカメラの写真を、RGBからCMYKに変換したEPSバイナリ形式で保存してからご使用ください。
    (RGBカラーではご入稿なさらないでください)
文字原稿

テキストデータの入稿をオススメします。
手書きの文字原稿ですと、文字を入力する以上、間違う確率が高くなるためです。
こちらでも文字校正を行いますが、お客様の方でもより文字の校正をする必要がでてきます。
そうしたリスクを防ぐためにも、データでの入稿をお願いします。