トップページ > ちょっと得する印刷マメ知識

チラシ印刷のマメ知識を伝授するぞ! ちょっと得する印刷マメ知識

我輩、プリオーが皆にちょっと得するチラシ印刷のマメ知識を伝授するぞ!

伝授1

入稿〜印刷までのリードタイムは長く取るのじゃ!
じゃ!

チラシ印刷の機械は年中無休24時間フル稼働が一般的じゃ。
だからメーカー(工場)の担当者は常に安定的に仕事が入る事を望んでおる。

(特に折込チラシの配布は週末に集中することから、実際には稼動状況には波ができてしまいがちです)
理想は常に100%の稼動状況で、リードタイムのある案件だと稼動状況に合わせてメーカーは印刷できるので非常に有難いのじゃ!
当然料金的にも優遇してくれるはずじゃぞ。
定期的にある仕事だとすれば年間契約などすれば更に優遇があるはずじゃ!!
(年間契約については各印刷会社にお問い合わせください。)

伝授2

店名・地図・日付などの差し替えは1色にするのじゃ!

4色→1部黒1色チェーン展開されているお店のチラシなどで、店名と地図だけが違う内容の場合、その店名・地図・日付部分を黒1色などにすると版料金はカラーチラシの四分の一で済むのじゃ! 
コスト面重視なら要チエックじゃぞ。

伝授3

B輪転機ならではの技@ B4混合印刷(2〜4種)

チラシ印刷の大半はB判の輪転機じゃ。B5でもB4でも印刷するときはB2の状態で印刷しておるのじゃ。
B2の面に4種類の絵柄を面付けして印刷すると4種のちらしが均等に交互に混ぜ合わさるぞ!

プリオーズ折込チラシなどで同時に同条件で、デザイン別のレスポンステストをしたい、商品プライスの比較テストなどの場合にお勧めじゃ!
しかも、料金は差し替えの無い仕様と同じじゃぞ!

伝授4

B輪転機ならではの技A 長B3チラシ

普通のB3 長B3B判輪転機はB2からB4まではラインで折れてしまう、その状態で長辺の袋部分を断ち落とすだけで見るからに斬新な横長で長い方向に開くB3チラシの出来上がりじゃ! 目立つこと間違いナシじゃぞ!!
これも料金は通常のB3とほとんど同じじゃ!

伝授5

更紙とは新聞紙と同じ紙の事じゃ!
更紙は安い!!

チラシの訴求効果はいかにチラシを見てもらう事じゃ!
印刷代を安くしてもっとたくさん印刷したいという方に更紙はお勧めじゃぞ。
印刷代の大半は用紙代。更紙は断然紙代が安く、以外と目立つものじゃ!